2017年10月04日

「天然植物由来成分 90%以上」。I-ne頭髪洗浄剤の強調表示と注記表示に、適格消費者団体が是正申入れ

適格消費者団体による、頭髪洗浄剤の強調表示と注記表示に対する是正申入れ事案です。

「特定非営利活動法人 消費者機構日本」が、株式会社 I-neに対して「BOTANIST シャンプー&トリートメント」の容器に貼付されている宣伝シール及び詰替え用パッケージ上の表示の改善を求め、2017年8月1日に裁判外の和解をしたと発表しました。
(消費者庁においても、消費者契約法第39条第1項に基づき内容が公表されています)

表示の改善を求めた内容は、以下の通りです。

表示媒体:
製品の容器に貼付されている宣伝シール及び詰替え用パッケージ上の表示

対象商品:
「BOTANIST シャンプー&トリートメント」

問題となる表示:
1)「天然植物由来成分 90%以上」と目立つ大きな文字ポイントで表示。
2)その下に極小の文字ポイントの注釈で、「90%以上を植物由来成分とクリーンな水で構成」と表示。
I-ne.png
※特定非営利活動法人 消費者機構日本 HPより抜粋

続きを読む
posted by Fides at 13:03| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする