2017年09月05日

特商法の消費者相談、初めて通販が訪販を上回る。相談先別に異なる消費者相談の傾向とは?(経済産業省 平成28年度消費者相談)

本日の気になるトピックは、「相談先別に異なる消費者相談の傾向」についてです。

経済産業省の消費者相談窓口に寄せられた平成28年度の特定商取引法関係の相談のうち、通信販売の相談(1,277件)が、これまで最も相談の多い取引形態であった訪問販売の相談(1,146件)を上回ったと発表しています。
経産省特商法相談件数(平成28年度).png

グラフ1)経済産業省 平成28年度消費者相談の概況「取引類型毎の動向(特定商取引法)」

この結果には、ちょっと意外な気がしました。

全国の消費生活センター等に寄せられた消費者相談情報をまとめた、PIO-NETの28年度の販売購入形態別相談割合では、訪問販売に関する相談件数が9.1%に対して通信販売の割合は36.5%で、25年度以降トップであり、過去10年間でも訪問販売を3倍程度上回ってきました。
PIO-NET販売購入形態別相談件数(2016年度).png

表1)2016年度のPIO-NETにみる消費生活相談の概要「販売購入形態別の推移」

どうしてこのような相談傾向の違いが表れるのでしょうか。

理由を推測するにあたり、以下の相違点に着目しました。

続きを読む
posted by Fides at 15:34| Comment(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする