2017年08月08日

ソフトバンク「いい買物の日」のキャンペーンで、Apple Watchのおとり広告に景表法措置命令。

消費者庁は7月27日に、ソフトバンク(株)が供給する「Apple Watch(第1世代)」に関する表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。
「いい買物の日」のキャンペーンにおいてApple Watchを販売する際、取扱店及び機種の一覧を掲載したWebサイトのリンクを記載していましたが、実際には在庫がない店舗や機種があり、取引に応じることができず、おとり広告とみなされました。

----------
ソフトバンク株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (平成29年7月27日 消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_170727_0001.pdf
----------
【対象商品】
Apple Watch (第1世代)

【表示媒体】
自社Webサイト

【表示期間】
平成28年11月1日〜同月4日

【違反内容】
表示:
「いい買物の日 Apple Watch キャンペーン」「いい買物の日 2016年11月3日(祝・木)〜11月13日(日) おトクドッカーン! Apple Watch(第1世代)が! スペシャルプライスで買えるのは今だけ! 本体価格11,111円 表示価格は税抜です」「期間中、対象のApple Watchが11,111円でご購入いただけるキャンペーンです。ソフトバンクのApple Watch 取り扱い店舗にて、ご購入いただけます。」等と記載するとともに、Apple Watch取扱店及び機種の一覧を掲載したWebサイトのリンクを記載。
あたかも、同月3日〜13日までの間、本件485店舗において、対象商品を税抜11,111円で販売するかのように表示していた。

実際:
11月3日の本件キャンペーンの初日に、485店舗の各店舗において、対象商品を準備しておらず、それぞれ取引に応じることができないものであった。

続きを読む
posted by Fides at 08:00| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする