2017年07月27日

国セン、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に注意喚起。厚労省、調査開始(国民生活センター商品テスト 2017年7月)

「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品に関する健康被害の相談が増えています。
プエラリア・ミリフィカとは、俗に「豊胸によい」、「肌によい」、「若返りによい」などと言われていますが、健康食品に配合されることのある貯蔵根は、国内では「医薬品的効能効果を標榜しない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」と区分されています。

PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の危害情報が2012年以降の5年間で209件寄せられており、特に15年以降に増加しています。
また、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が実施した調査においても、「プエラリア・ミリフィカ」の利用者の中に体調不良が生じている事例が報告されています。

そこで、(独)国民生活センターでは「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品12銘柄について調査し、7月13日に情報提供・注意喚起等を行いました。(※1)
今回は、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関する危害状況と、国民生活センターが行った商品テストについて確認し、品質管理や表示、広告の注意ポイントをチェックしましょう。

PIO-NETに寄せられた危害の概要:
【危害件数】

プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関する危害情報は、2012年度以降の5年間あまりで209件(2012年4月以降受付、2017年4月末日までの登録分)寄せられている。特に2015年度より急増し、2015年度及び2016年度は年間100件近く寄せられている
(図1参照)。
プエラリア_危害件数png.png

続きを読む
posted by Fides at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は29,464円(総務省家計調査 2017年5月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2017年(平成29年)5月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2017年5月のネットショッピングの支出額は1月以降5カ月連続で前年同月を上回りました。ネットショッピングの利用世帯の支出額は、先月のマイナスからプラスに回復しました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳

続きを読む
posted by Fides at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

「テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」にかける1日当たりの時間、30歳代以下で100分を割り込む。世代間で異なる情報へのアクセススタイル(平成29年版 消費者白書)

前回の記事では、「平成29年版 消費者白書」(※)のデータより、消費者がアクセスしている媒体や、消費者の購入意思決定に影響を及ぼす情報が世代間で大きく変化していることを取り上げました。

今回は同データより、若者の情報の活用や向き合い方にフォーカスします。
近年、若者のTV離れ、活字離れが指摘されて久しいですが、数字で見ると再認識させられます。

総務省調査における「テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」にかける1日当たりの時間の推移では、50歳以上は横ばいあるいは増加傾向にあるのに対し、40歳未満は、1996年以降2000年代は一貫して減少。
中でも、10歳代後半、20歳代前半においての、2006年以降の減少は際立っていました。
TV、ラジオ、新聞、雑誌利用 (H28年度 消費者白書).png

続きを読む
posted by Fides at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする