2017年05月01日

消費者目線で「Amazonフレッシュ」をチェック!生鮮食品のネット購入の不安とは

アマゾンジャパンが果物・野菜などの生鮮食品を販売するプライム会員向けの新サービス「Amazonフレッシュ」を4月21日に開始しました。

日本の生鮮食品のネット販売は加工食品に比べて利用率が低い状況ですが、「Amazonフレッシュ」は果たして日本の消費者に受け入れられるのでしょうか。

「Amazonフレッシュ」の顧客サービスについて、消費者調査のデータで確認してみましょう。

《「Amazonフレッシュ」の顧客サービス概要》
・Amazonプライム会員の年間費用(3900円)とは別に、月額500円の「フレッシュ月会費」が必要。
・送料は1回配送あたり500円。注文金額が6000円以上で無料。
・最短4時間、朝8時から深夜0時まで2時間ごとに8枠の受け取り時間帯指定ができる。
・配送時に商品を受け取れなかった場合は配達員が持ち帰り、注文はキャンセル扱いになる。
・食品義務表示情報にはばらつきがあり、消費・賞味期限の記載は少ない。
・鮮度に満足できない場合の返金保証がある。(鮮度保証対象商品のみ)
・プライム会員は、30日間月会費無料で体験ができる。

続きを読む
posted by Fides at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする