2017年03月27日

通販業界の新卒採用傾向と企業価値としての「消費者志向経営推進」

もうすぐ4月!
東京は桜も開花し、街にフレッシャーズが飛び出してきますね!

本日の気になるトピックは、通販業界の新卒採用と「消費者志向経営推進」について。

通販新聞が調べた2017年度の「主要通販各社の新卒採用状況」(※1)によると、今春の新卒採用者数は「増加」「減少」「同数」としたそれぞれの回答割合が拮抗、採用市場については16年度に引き続き、学生有利の「売り手市場」の見方が大半を占めているそうです。

そんな状況下に通販企業各社が、求める学生を獲得するための自社アピールポイントとして、「多種多様な職種を経験できる可能性」「独自性の強い事業内容」等が多く挙げられていました。

また、今年度の傾向として、仕事のやりがいだけでなく、「ノー残業デーの週2日実施などワークライフバランスが充実している」「環境保全などへの共感」といった福利厚生の充実や、CSR活動に対する企業姿勢などもアピールポイントとして力を入れているようです。

CSR活動の一環としては、「消費者志向経営推進」も大きなテーマだと思います。
例えば、「消費者志向自主宣言企業」であるということも、企業のアピールポイントとなって欲しいと強く願います。

続きを読む
posted by Fides at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする