2017年02月24日

水素水事業者、国センに反発。食い違う見解に見る「商品テスト」の目的とは(国民生活センター商品テスト 2016年1月)

国民生活センターが2016年12月15日に結果を公表した「水素水」の商品テストが、物議をかもしています。
--------------------
増える「水素水」に関する消費者相談。溶存水素濃度と効能効果
(国民生活センター商品テスト 2016年12月)
http://blog.fides-cd.co.jp/article/447058983.html
--------------------
テストでは、19銘柄について溶存水素濃度等の表示・広告を調べ、それらの値が消費者が飲用する時点での目安になるのか、また、表示のないものや、開封後や生成後にすぐに飲まなかった場合の濃度を調べるとともに、事業者へのアンケート調査を行っています。

今回の商品テストを受け、調査対象となった水素水生成器製造販売元等から、対象銘柄の選定理由や、水素ガス濃度の測定方法に関する意見が多く出されています。
容器入り水素水製造販売元等からは、意見は出されていません。

国民生活センターの商品テスト方法や見解について確認します。

続きを読む
posted by Fides at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする