2017年02月16日

増える「水素水」に関する消費者相談。溶存水素濃度と効能効果(国民生活センター商品テスト 2016年12月)

最近、人気の「水素水」ですが、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、飲用する水素水に関する相談が2011年度以降2016年9月末日までの登録分で2,260件寄せられており、年々増加しています。
国民生活センターでは、消費生活センターからの、「水素水生成器を購入したが、水素水ができているのか疑わしいので調べてほしい。」等の依頼を受け、商品テストを実施し、2016年12月15日にその結果を公表しました。

テストでは、商品のパッケージ、取扱説明書、付属のパンフレット及び、販売元等のホームページや直販サイトの溶存水素濃度等の表示・広告を調べ、それらの値が消費者が飲用する時点での目安になるのか、また、表示のないものや、開封後や生成後にすぐに飲まなかった場合の濃度を調べるとともに、事業者へのアンケート調査を行っています。

報告書では、水素水について、公的な定義や溶存水素濃度の基準はないとしながら、その効果について国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」の以下の内容を記載しています。
・俗に、『活性酸素を除去する』『がんを予防する』『ダイエット効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない。
・現時点における水素水のヒトにおける有効性や安全性の検討は、ほとんどが疾病を有する患者を対象に実施された予備的研究であり、それらの研究結果は、健康な人が市販の多様な水素水の製品を摂取した時の有効性を示す根拠になるとはいえない。
・水素分子(水素ガス)は腸内細菌によって体内でも産生されており、市販の多様な水素水の製品を摂取した水素分子の効果については、体内で産生されている量も考慮すべきとの考え方がある。


国民生活センターの商品テスト結果を確認します。

続きを読む
posted by Fides at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする