2017年02月07日

景表法課徴金制度の初の適用は4億8507万円!三菱自、日産に措置命令

1月27日、消費者庁は三菱自動車工業(株)に対し、特約販売契約を締結する自動車販売業者を通じて供給する軽自動車並びに普通自動車に関する表示について、景品表示法違反(優良誤認) の措置命令及び課徴金納付命令を行いました。
課徴金は4億8507万円。2016年4月にスタートした景表法に基づく課徴金制度の初の適用となります。
また、同社からのOEM供給で軽自動車を販売していた日産自動車(株)に対しても、景品表示法違反(優良誤認) の措置命令を行いました。
三菱、日産共に消費者庁長官が認定した返金措置も公表されています。

----------
三菱自動車工業株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令及び課徴金納付命令並びに日産自動車株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成29年1月27日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/170127premiums_1.pdf
---------

続きを読む
posted by Fides at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする