2017年02月15日

H28上半期食品表示法違反「指導件数」は135件 加工食品では「原材料名の誤表示・欠落」が53.2%

食品表示法が平成27年4月1日に施行され、間もなく2年。

これまで消費者庁と農林水産省では、「JAS法違反に係る指導件数の集計等」を行い、定期的に公表しています。
平成27年度からは、食品表示法の食品表示基準による国(消費者庁、国税庁及び農林水産省)の指導となっています。平成28年12月に公表された平成28年度上半期(28年4月〜28年9月)の件数等を確認してみます。(※)

注:食品表示法では、次に掲げる項目全てに該当する場合は、業者名・違反事実等の公表はせず「指導」に留めています。
1)食品表示基準違反が常習性がなく、過失による一時的なものであること。
2)違反事業者が直ちに表示の是正(表示の修正・商品の撤去)を行っていること。
3)事実と異なる表示があった旨を、社告、ウェブサイトの掲示、店舗等内の告知等の方法を的確に選択し、速やかに情報提供しているなどの改善方策を講じていること。

続きを読む
posted by Fides at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

顧客がパーソナルデータを提供したくなる「レコメンド」サービス

今日の気になるトピックは、ECにおけるビッグデータ活用として、古くて新しいサービス「レコメンド」とパーソナルデータについて。

ECにおいて新規購入やアップセル、クロスセルに有効な「レコメンド」機能ですが、より顧客ニーズにマッチしたお勧めには、ユーザーからのパーソナルデータ提供が不可欠です。

しかし、とかくユーザーはパーソナルデータの提供には抵抗を感じるもので、如何に気持ちよくデータを提供してもらうか、事業者としては悩ましいところです。

そんな中、「これは、いいかも!」と目に留まったレコメンドサービスがありました。
最近リリースされた、アパレルECサイト向けサイズレコメンドエンジン「unisize」の新機能です。

続きを読む
posted by Fides at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 顧客サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

「シミ解消・軽減」「「今だけ!半額!」Xenaの「VCソープ」に景表法措置命令

2月2日、消費者庁は福岡市の健康食品、医薬部外品、化粧品等の販売業者(株)Xenaに対し、「VCソープ」と称する石鹸に関する表示について、景品表示法違反(優良誤認・有利誤認) の措置命令を行いました。
優良誤認は不実証広告規制(※)を用いた処分となっています。
表示期間が課徴金制度導入施行日平成28年4月1日以前のため、課徴金の対象とはなりませんでした。
----------
株式会社Xena(ジーナ)に対する景品表示法に基づく措置命令について
 (消費者庁 平成29年2月2日)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/170202premiums_1.pdf
---------
(※)
不実証広告規制(7条2項)
消費者庁長官は、商品・サービスの内容(効果、性能)に関する表示についての優良誤認表示に該当するか否かを判断する必要がある場合に、期間を定めて、事業者に表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
⇒ 事業者が資料を提出しない場合又は提出された資料が表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものと認められない場合は、当該表示は不当表示とみなされる。

続きを読む
posted by Fides at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする