2019年08月20日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は33,051円(総務省家計調査 2019年6月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2019年6月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2019年6月のネットショッピングの支出額は14,345円で、前年同月を17.1%上回りました。
拡大を続けるネットショッピングの利用世帯の割合は43.4%で、前年同月を4.4ポイント上回りました。
ネットショッピング利用世帯の支出額については33,051円で、前年同月比は5.2%プラスとなりました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳

(注1) 「ネットショッピング」とは、インターネットを利用しての財(商品)・サービスの予約・購入のこと。インターネットを情報収集のみに利用した場合は含まず。
(注2) インターネットを利用して注文した世帯のみを集計し、平均した1世帯当たりの支出額。

続きを読む
posted by Fides at 07:13| Comment(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

割引セールの「通常価格」表示に注意!(株)ブルースターのクリーニングセールチラシに景表法措置命令

消費者庁は8月7日に、盛岡市のクリーニング業(株)ブルースターのクリーニング
サービスのセール企画に関する表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。
販売実績のない比較対象価格による有利誤認表示とみなされました。

消費者庁及び公正取引委員会事務総局東北事務所の調査による事案です。

----------
株式会社ブルースターに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (2019年8月7日 消費者庁)
https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_190807_01.pdf
----------

比較対象価格として、景品表示法上、「通常」価格と表示して良い販売期間の目安について確認します。続きを読む
posted by Fides at 19:14| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

「メーカー希望小売価格」「通常価格」による二重価格表示に注意!スーパーマーケット サンプラザの割引表示に景表法措置命令

消費者庁は7月8日に、大阪府の食料品スーパー(株)サンプラザが供給するパンの価格表示に対し、景品表示法(有利誤認)の措置命令を行いました。
消費者庁及び公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所の調査による事案です。

29店舗で販売されたメーカー7社の各種パンについて、値引き販売での「メーカー希望小売価格」及び「通常価格」といった二重価格表示が問題となりました。

本事案から「希望小売価格」などを比較対照価格とする二重価格表示について,
景表法の考え方をチェックしておきましょう。

----------
株式会社サンプラザに対する景品表示法に基づく措置命令について
 (2019年7月8日 消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/release/2019/pdf/fair_labeling_190708_0003.pdf
----------

続きを読む
posted by Fides at 21:50| Comment(0) | 法改正・違反情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする