2016年07月28日

パック型水素入浴剤でやけどなどの事故のおそれ。注意表示、効能効果表示をチェック(国民生活センター商品テスト 2016年7月)

健康機能があるとして人気の「水素」関連商品ですが、ここ数年、水素を発生するという入浴剤による危害・危険情報が、医療機関ネットワークや国民生活センターに寄せられています。
この度、7歳の女児が、水素を発生するという、ケースにセットしたパック型の入浴剤を浴槽内の湯に落としてしまい、慌てて手ですくい上げたところ、第II度の熱傷を負ったという事故情報が医療機関ネットワークに寄せられました。それを受け、「パック型水素入浴剤」について、国民生活センターが商品テストを実施し、その結果を公表しています。

通販でも購入されることの多い「パック型水素入浴剤」について、お客様への情報提供の留意事項を確認しましょう。

PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)相談状況:
・2011年度から2016年5月末の5年間あまりに、水素を発生するという入浴剤の危害事例(けがをしたもの)が7件、危険事例(けがをするおそれがあったもの)が1件。
・危害事例の危害内容は、皮膚障害が3件、熱傷が2件、擦過傷・挫傷・打撲傷が1件、呼吸器障害が1件。危険事例は、入浴剤を廃棄するときに発熱と発煙があり危険を感じたというもの。

【相談事例】
・水素が発生する入浴剤をもらい使用したら湯の温度が高く火傷をした。入浴剤を入れる容器を渡されなかった。
・テレビショッピングでデトックス効果のある水素の入浴剤が紹介されていたのを見て注文した。届いた入浴剤を湯船に入れたら泡が出て湯温より高温になり驚いた。


続きを読む

2016年07月27日

ネットショッピング利用世帯 平均ネットショッピング支出額は29,212円 (総務省家計調査 2016年5月)

総務省では、「家計のネットショッピングの実態把握」調査として、家計消費におけるネットショッピングによる商品・サービス別の購入額を調査し、2016年(平成28年)5月分の結果を取りまとめ、公表しました。(※)

2016年5月はネットショッピングの支出額、ネットショッピングの利用世帯当たりの支出額共に前年同月を下回りました。

調査より、以下のデータを確認します。
●一世帯当たりのネットショッピングの支出額・支出総額に占める割合(注1)
●ネットショッピング利用1世帯当たりの支出額・支出総額に占める割合(注2)
●ネットショッピングの利用世帯の割合
●ネットショッピング支出項目内訳

続きを読む
posted by Fides at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

通販CMの約6割、視聴者限定価格訴求に注意 (JADMA「平成27年度 通販広告実態調査(通販CM調査編)」)

(公社)日本通信販売協会(JADMA)が2012年度から実施している通信販売広告実態調査において、2015年は新たに通販CM調査(※)を行っています。インフォマーシャル形式の通販広告の実態と、表示に問題のあったCM広告事例を解説します。

【通販CMオンエア状況】
調査対象として、1週間で590件の通販CMを抽出(同じ素材を30秒CM、60秒CMなど秒数別に編集した同一商品のCM含む)。
同一商品のCMを1件のオリジナルCMとカウントすると215件。広告主は122社で、その内JADMA会員社が82社(67.2%)であった。
平均して1社あたり2商品、5種類の通販CMをBS放送6局でオンエアしていると推計できる。

続きを読む
posted by Fides at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする